HOME > CareBlog > 髪で見た目の印象が9割!表参道美容師が教える♪目指せ「見た目年齢-5歳」

CareBlog

< 白髪が増える原因は年齢だけではない!その原因と予防策をお伝え!  |  一覧へ戻る  |  ヘアドネーション、バッサリカット後こそパーマがおすすめ! エアウェーブで叶える素敵髪。 >

髪で見た目の印象が9割!表参道美容師が教える♪目指せ「見た目年齢-5歳」

こんにちは。表参道のヘアサロンMAGNOLiAのスタイリストCHINATSUです。
 
オーナーが本店を南青山に構え、オープンして10年。独立前のお店から担当させて頂いているお客様も多く10代~70代まで幅広くご来店くださっています。





さて本題に入ります。

人の体は28歳をピークにゆるやかに下降していきます。髪の毛も同様で、白髪が出てきたり、くせやうねりが出てきたり、乾燥してきたり……悩みが出てくる。
 
体の新陳代謝が衰え、髪の毛まで栄養がいかなくなり、10代・20代の時のような艶やかできれいな髪が生え辛くなるためです。
 
 


年齢による髪質の変化




髪がパサつく
 
コラーゲンの減少により頭皮と髪の毛が水分不足の状態になります。
乾燥した髪はまとまり辛く、オイルやクリームをつけることで改善できますが、
あくまでも表面に付着するものなので日々のシャンプーでリセットされます。
 
 
くせやうねりがでてくる
 
年齢と共に下がる肌に伴い、髪の毛の毛根を包む毛包も下に下がりゆがんでいきます。
ゆがんだ毛包からはゆがんだ髪の毛が生えてくるため、くせやうねりにつながります。
更に年齢によってでてきたくせは均一では無く場所によってくせの具合が異なるのが特徴です。
 
 
髪のハリコシが無くなる、量が減る
 
コラーゲンの減少により乾燥した頭皮は硬くなり、血行不良が起こります。
その結果、栄養が髪に行きわたらなくなり、ハリコシが無くなり、更に髪の量も顔周りと頭頂部から薄くなっていきます。
 
 
 
ではこれらのお悩みを解消し、
髪の印象をよりきれいに若々しく見せる方法とは?

 
 
 
きれいに見せるポイント



 
⇒ ブロー 暖色系のヘアカラー サロンシャンプー で解決!

毛先のまとまり
⇒ クリームやオイル サロントリートメント で解決!

根元のボリューム
⇒ ドライ カーラー 頭皮マッサージ で解決!
 
白髪
⇒ 低ダメージの白髪染め 染めない(ハイライトカラー) で解決!
 
 
 
1 艶




髪をきれいに若々しく見せるポイント。それは天使の輪の部分にある髪の艶です。







ブローで髪にドライヤーの熱を当ててキューティクルを整えることで光沢感が増してくれます。
 
更にウォームブラウン、ピンク、バイオレットなどの暖色系のヘアカラーリングも、髪を艶やかに見せてくれる効果があります。
(年齢を重ねてくすんできたお肌も、暖色ヘアカラーがチークの役割を果たして、血色のいい快活な印象にしてくれます!)
 
サロンシャンプーを使い続けると、長期的にはなりますが、髪質が改善され髪の輝きを取り戻すことが可能です。


 
▲ 乾燥毛・くせ毛と相性の良いミルボン「オージュア」


 
▲ 細毛・敏感肌と相性の良いDEMI「ピュアシャンプー」




 毛先のまとまり




足りなくなった水分を補うことで髪のまとまりを使うことができます。
 
水分を補う方法は二つ。
 
内部補修タイプのトリートメント=髪の内部のケラチンやタンパク質を補い、保湿をするタイプのトリートメント。
サロントリートメント
 
外部修タイプのトリートメント=ダメージで剥がれてしまったキューティクルを整え、髪表面の指通りを良くするタイプのトリートメント。
ホームケアトリートメント(オイル クリームなど)






根元のボリューム

 


ドライヤーで乾かす際に、全体的に根元をふんわり立ち上げるように乾かすドライはマスト。


 
そしてマジックカーラーを使い、表面中央に2~3本、更に左右に一本ずつ根元まで巻いた後ドライヤーの熱を当てた後冷風で冷やすと、根元のボリュームが形づいてくれます。
 









 
更に皮マッサージも効果的
すぐに効果がでるわけではありませんが、これから生えてくる髪のボリュームアップして生えてきます。

週に一~二度、頭皮ケアシャンプーをもこもこに泡立てた状態で30秒ほどの指圧。
これを習慣にして続けることがが大切です。




 

4 白髪


 
年齢を重ねると顔周りや表面から増えてくる白髪。
 
平均で言うと三週間に一度、定期的に染めていらっしゃるお客様も多いですし、近年では、草笛光子さんや結城アンナさんのように、ヘアカラーリングをせずありのままの白髪もヘアスタイルとして楽しむ方も増えてきました。
 
 
 
こちらの項目ではヘアカラーをする方も、しない方にもためになる豆知識をお伝えできればと思います。
 
  • 染める場合

大切なのは低ダメージの白髪染めで染めることです。
 
ドラッグストアで購入するようなパブリックのホームカラーは一般の方でも染まり易いようアルカリ濃度が高く、白髪は染まるのですが反面ダメージが出るのも事実。
 
カラートリートメントはダメージは最小限に抑えられますが、薄い染まりであることと硬い髪質の方にはあまり効果がないこと。
 
適正な料金を支払い美容室のヘアカラー剤で染めることで白髪も染まり艶やかな髪を手に入れることができます。(高価すぎる必要はありませんし、安価すぎるヘアカラーメニューはカラー剤の質が怖いところ……。)更に頭皮が敏感な方には頭皮に直につけずにそめていくカラー技術も美容師さんならではのスキルです。
 

 
  • 染めない場合
 
ありのままのグレイヘアーも大変魅力的です。
しかし、自分の毛質が100%白髪になるかどうかは遺伝的な部分が大きく影響することろ。
 
もし自分が黒髪と白髪が混ざったような毛質であればハイライトカラーを施すとすてきです。











三色のカラーリングが白髪のあるヘアスタイルをファッショナブルに演出し、更に根元がのびてきてもそこまで気になりません。
 
 
 
今は人生100年時代。何歳になってもすてきなヘアスタイルを保ちたいですよね。
 
日々のちょこっとしたケアの積み重ねでいつまでも美しくいれるための手助けになればと思い、このブログを書かせて頂きました。
 


 
CHINATSU
表参道の美容室「MAGNOLiA」ヘアデザイナー
年に二回のパーマでOK!持ちが良くダメージレスなパーマが得意です♪
特に「パーマがかかり辛い方」是非お任せください。
趣味は海外一人旅airplane



他にもこんな記事を書いています。

表参道美容師が教える♪くせ毛さんの湿気による「ぺたんこ・広がり・うねり」対策方法!

表参道美容師が教える♪パーマを復活させる方法4選

< 白髪が増える原因は年齢だけではない!その原因と予防策をお伝え!  |  一覧へ戻る  |  ヘアドネーション、バッサリカット後こそパーマがおすすめ! エアウェーブで叶える素敵髪。 >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English