HOME > CareBlog > パーマスタイルのドライが難しい?コツを掴めば実は簡単

CareBlog

< 40代女性に似合う大人のパーマスタイル。老ける?若返る?その秘密に迫る!  |  一覧へ戻る  |  『女性の大敵!!顔のたるみやシワは頭皮ケアで決まります!』 >

パーマスタイルのドライが難しい?コツを掴めば実は簡単

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

青山、表参道にある

 

美容室MAGNOLiAスタイリスト 

 

TAIKIです。

 

 

 

今回はお客様から悩みの多い

 

パーマをかけた後

 

髪の毛を乾かすのが難しい。

 

 

 

という内容について

 

書いていきたいと思います。

 

 

 

早速ですが

 

 

みなさんはパーマをかけた後の髪は

 

どうやって乾かしていますか?

 

 

 

 

 

・パーマがドライヤーの熱で

伸びないように全て自然乾燥

 

 

 

 

・手間だから髪の毛が半分乾けば

残りは自然乾燥

 

 

 

 

・夏の暑い時期はドライヤーで

汗をかかないように扇風機で乾かす

 

 

 

なんて人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

そもそも

 

髪の毛を乾かさないと

 

 

 

・濡れた状態で長時間いると

頭皮に雑菌が繁殖しやすくなる

 


・頭皮の臭いの原因

 


・髪がパサつきやすい

 


・血行不良による髪の痩せ

 

 

全て自然乾燥によるデメリットです。

 


髪の毛が濡れたままというのは

 

水分が含まれて膨潤している状態なので

 

そのまま寝てしまうと

 

寝返りなどの摩擦で

 

髪の毛がきれてしまうのです。

 

 

 

毛先の部分の残りすくない部分を

 

自然乾燥するのは

 

大丈夫なデザインも有りますますが

 

頭皮を乾かす事は絶対にした方が良いです。

 

 

それ以外にも

 

ドライの大切さは

 

ヘアスタイルをキープするために

 

重要なことでもあります。

 

しっかり髪を乾かせていれば

 

1日中崩れにくいヘアスタイルを

 

キープできるのです。

 

逆に完全に乾いていなければ

 

出来上がりは水分が多くあるので

 

まとまりが良かったとしても

 

時間の経過とともに崩れてきて

 

気が付いたらトップが

 

ボリュームダウンしている

 

そんなことになってしまいます。

 

一日中綺麗にいたい方には

 

ドライの重要性は

 

知っておいてほしいと思います。

 

 

 

 

では、ここから本題である

 

パーマスタイルの乾かし方です。

 

まず髪を乾かす前の段階からですが

 

しっかりとタオルで水分を取りましょう。

 

実はここもかなり大切なポイントで

 

髪の水分を取るのはもちろん

 

髪の毛以外にも

 

頭皮についている水分を

 

タオルで撮ってあげるのが

 

ポイントなのです。

 

ここで行う

 

タオルドライが不十分だと

 

髪の毛に水分が残りすぎて

 

ドライヤーの時間が

 

長くなってしまいますので

 

パーマがダレてしまう原因にも

 

なってしまいます。

 

なのでとにかく頭皮を拭くような

 

イメージでタオルドライして下さい。

 

乾かすのが苦手で

 

どうしても毛先がパサついてしまう方は

 

洗い流さないトリートメントや

 

クリームワックスなどの保湿剤を

 

髪の毛の毛先になじませてから

 

ドライヤーで乾かすと熱から髪を守り

 

パサつくのを抑えてくれ

 

非常に楽になります。

 

 

これで髪を乾かす準備が整い

 

ここから髪の毛を乾かす作業に入るのですが

 

まず

 

・根元から乾かす

 

これはかなり大切です。

 

根元に風を当てていても

 

余風が毛先にもどうしても

 

当たってしまうので

 

パサつきを抑えてくれるのと

 

根元からの立ち上がりができ

 

ふんわり柔らかいパーマを

 

いかすことができるのです。

 

 

・前髪やクセのある部分は先に

割れないように乾かす

 

水素結合などにより

 

濡れているときがくせ毛は直しやすいので

 

根元以外にも乾かす時に気をつけましょう。

 

逆に乾いてくると直しにくくなってしまうので

 

できるだけ早く乾かす必要があります。

 

基本的には

前髪など自分のくせが強い場所

 

ヘアスタイルで一番こだわりたい部分から

 

乾かすようにすれば失敗なく乾かす事ができます。

 

 特にクセが強い部分に関しては

 

左右交互に乾かす事で

 

クセが伸びてくれるのです。

 

同時に多少根本を持ち上げながら乾かすと

 

より自然なふんわり感もでます。

 

 

根元が乾いたら残りは

 

毛先を乾かすのみ。

 

パーマをかけた後に良く聞くのが

 

顔まわり側にくるくるまとめて乾かす。

 

実はそうすると毛先のくるくる感は

 

出るのですが

 

顔まわり側などのボリュームが

 

取れてしてしまうのです。

 

なので、

 

毛先はそのまま持ち上げて

 

乾かす。

 

それだけで充分綺麗なカールや

 

ウェーブが出るように

 

MAGNOLiAではパーマをかけています。

 

パーマをかけて手順が増えるよりも

 

より朝が楽なパーマを作れるよう

 

常日頃心がけてデザインしています。

 

 

最後は

 

ワックス成分の入ったムースなどの

 

スタイリング剤を揉み込めば

 

毛先に油分も入りまとまりが

 

楽にスタイリングができます。

 

乾かし方で悩んでる方

 

直接レクチャーさせてもらいますので

 

是非ご来店お待ちしております。

 

 

 

 

また、MAGNOLiAでは業界向けに

 

パーマの教科書も出版しています。

 

 

髪書房出版「やさしいパーマ新BASIC

 

 

 

表参道駅から徒歩7

 

hairmake MAGNOLiA Aoyama

 

スタイリストTAIKI

 

< 40代女性に似合う大人のパーマスタイル。老ける?若返る?その秘密に迫る!  |  一覧へ戻る  |  『女性の大敵!!顔のたるみやシワは頭皮ケアで決まります!』 >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English