HOME > CareBlog > ブリーチ毛やハイダメージ毛にもパーマはかかるの?

CareBlog

< 白髪染めは傷む?頭皮にも髪にもダメージレスな白髪染めの秘密  |  一覧へ戻る  |  くせや広がりはストカールで解決!その秘密教えます♪ >

ブリーチ毛やハイダメージ毛にもパーマはかかるの?

 


MAGNOLiAスタイリストの KATSU です♪

 

美容専門紙やセミナーなどでも講師を務めパーマのデザインはもちろん、
パーマの知識やテクニカルも国内外の美容師さんにレクチャーさせて頂いております。


 

 

 

はじめに


 
 

 

 

パーマをご希望のお客様のよく耳にする声として、

・「ダメージになってしまった」
・「パーマがかからない、すぐに落ちた」
・「自分では再現が難しい」




などが挙げられます。。。






 

 

 



 

日々、色々な髪質とヘアスタイルのお客様へ施術させて頂く中で
時には
ブリーチ毛やハイライト、ハイトーンのお客様も
パーマを希望される方がいらっしゃいます。




 

 


ただ、ダメージのある髪の毛は、
パーマの難易度も高くなり再現性も同時に難しくなってしまいます

 

 

しかし、今回はそんな難易度の高い

ブリーチ毛やハイトーンカラーに、

低ダメージで素敵なパーマをかけるためのコツをお教えします♪

 


before / after

 






 


 

・1人目のお客様は、細かいハイライトカラーが
全体的に入っており毛先はブリーチ毛となっておりますが、
ボリューム感とサイドのボリューム感もでていい感じ♪


・2人目のお客様は、顔周りにハイライトカラー入ってはいますが、
ボリューム感とまとまりあるパーマがかかっており
素敵な大人の女性のヘアスタイルになっております♪


二つのスタイルにはある共通点と、ちょっとした技があるんです。



 

 

さて、

なぜこういったダメージのある髪にもパーマが

しっかりとかかるのでしょう。。。

 


MAGNOLiA流パーマが支持される理由

・それには、簡単にまとめると3つの理由があります。

【其の一】 
カットでのフォルムづくりと毛量調節







ダメージの多い毛質に対してのカットはとても大切。

まずは、しっかりとデザインとなるベースの
カットをしっかり切ります。


そして、ダメージ毛は健康毛とは違い毛が細く乾燥しています、
過度な軽さやシャギーはNGです



軽くし過ぎてしまうことによって、
パーマの時の薬液が過度に浸透する原因とチリチリになってしまう危険性が。。。

よって、

「カットはしっかりとベースカットを切り、軽さはなるべく入れないように厚みを残す」

となります。



【其の2】  
ダメージ部分への「栄養補給」と「バリアトリートメント」のWカバーシステム
 

 


ブリーチ毛やハイライトカラーなどの髪の毛は通常の健康毛とは違い、

栄養(タンパク質)が少なく、パーマをかけるには良い状態ではありません。

万が一、その状態でパーマを行っていくとなると最悪のケース考えられます。。

切れてしまったり、チリチリになってしまったり…)


そんな難易度の高い髪質にパーマをかける為にも必要なのが


「栄養補給」と「バリアトリートメント」のWカバーシステム



・髪内部のコルテックス、CMCの「栄養補給」と強化
・キューティクルの保護をシステムトリートメントで外部ケア


この前処理が、ダメージ毛でもしっかりとパーマデザインできる
髪の毛本体のベースを整えてくれます!


【其の3】  
エアウェーブパーマ


 
 
 
そもそも、エアウェーブって何??

恐らく、イメージのつかない人もいるかと思います。

エアウェーブは
第三のパーマともいわれており、簡単に説明すると
コールドパーマよりもしっかりと形状を作り出せ、
デジタルパーマよりも
柔らかくボリューム感の出せるパーマです。















そして、どちらのパーマよりも
低ダメージでハリコシ、ツヤ
を保ったままデザインできる。



まさに、良いとこどりのパーマアイテムです♪


ゆえに、



ダメージ毛にも優しく、ハリコシ、ツヤを
保ったままパーマデザインを提案できるのです。



もしも、その工程を怠ってパーマをかけてしまうと…



一つ一つに、大切な意味と役割があります。

その役割を怠ってしまいパーマをかけてしまうと


・かからなかった、すぐ取れた
・イメージと違った
・ダメージが酷くなってしまった
・まとまらない


などの、原因に直結してしまいます。


そうなってしまっては、トリートメントなどでのケアもなかなか難しく

もとには戻りません。。



パーマをかけるにあたって大切なのは、髪の状態の見極めと薬剤選定
かけていくにあたっての準備がとても大切になります。











いかがでしたか。



今まで、かけられないと断られてしまっていた
ブリーチ毛やハイダメージ毛にも薬剤の進化とテクニカルの向上で
お客様に良いデザインと笑顔を今後も提供していければと思っております!
 
 

第一印象は髪で決まる♪


そんな、これからにパーマを通して

生涯、楽しめるヘアデザインを提案していきますね♪


 








 MAGNOLiA Omotesando
 
パーマで業界をリードし、美容師の為のパーマ本も出版。
多種多様な髪の悩みやニーズに合わせ、パーマで「可愛い」を生み出す。
それがMAGNOLiA最大の強みです。丁寧な接客と信頼の技術でお出迎えします。
ずっと通えるサロンをお探しなら是非「MAGNOLiA」へ!





撮影カメラマン RIKI  KASHIWABARA ≪FORZASTYLE≫
  KATSU


その他のスタイルや、日常は↓↓↓↓
Instagram 
http:www.instagram.com/katsu19900312/


スタイリング動画↓↓↓↓
https://forzastyle.com/articles/-/57520


ベルエポック美容学校原宿校 卒業後、MAGNOLiAに入社。
現在、スタイリストとしてサロンに立つ傍ら、
ファッション誌や美容業界誌他でヘア&メイクとしても活躍。

ヘアカタログでは表紙も担当し、20代から大人女性のデザインまで
幅広いヘアスタイルに定評がある。
 
小学校から高校まで野球に熱中し、
今では、美容に熱く真っ直ぐに
近年では、コンテストにも積極的参加し
審査員賞他、受賞歴あり。



 

< 白髪染めは傷む?頭皮にも髪にもダメージレスな白髪染めの秘密  |  一覧へ戻る  |  くせや広がりはストカールで解決!その秘密教えます♪ >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English