HOME > CareBlog > 表参道美容師が教える♪くせ毛さんの湿気による「ぺたんこ・広がり・うねり」対策方法!

CareBlog

< 男性の髪型をパーマを軸に考える~セクシーなミディアム編~  |  一覧へ戻る  |  パーマでショートのレディーススタイルにニュアンスの質感をプラスして、よりお洒落に!! >

表参道美容師が教える♪くせ毛さんの湿気による「ぺたんこ・広がり・うねり」対策方法!

こんにちは。表参道のヘアサロンMAGNOLiAのCHINATSUです。
 
5月に入り、梅雨の季節がやって参りました。
 
ジトジトする湿気に、せっかく朝セットした髪型がくずれてしまう経験、ありませんか?
 
今回は湿気の多い季節もできるかぎり一日ヘアスタイルをキープできるよう、解消法をお教えします♪
 
 
 
-目次-
1.くせ毛さんが湿気に弱い理由
2.トリートメント
3.ドライヤー
4.スタイリング剤
5.ストレート
6.NG編 ダメージ
 
 
 
1 くせ毛さんが湿気に弱い理由
 
それは「乾燥」です。
くせ毛さんのほとんどは「乾燥毛」の性質を持ち、髪の内部のケラチンとタンパク質が元々少ない状態です。
 
雨や湿気の多い天気は、たちまち髪が水分を吸い、元々ののくせやうねりが出てきてしまうのです。
 
 

2 トリートメントケア
 
くせ毛さん=乾燥毛は先ほどの項目で学びました。
 
その対策として有効なのは「保湿」です。

トリートメントを使って、欠けている内部のケラチンとタンパク質を補うことで髪に水分がいっぱいな状態をつくっておけば、外の湿気が多くとも、それ以上水分を吸いこまずに済む=広がらなくなる、というワケです。


 
ここで言うトリートメントはインバストリートメントのこと。(内部補修タイプ。シャンプー後に使い、洗い流すタイプのもの。)

アウトバストリートメント(外部補修タイプ。お風呂上りに使い、洗い流さないタイプのもの。)は「3.スタイリング剤」の項目に続きます。
 
 

3 ドライヤー
 
こちらの項目では、乾かし方のコツをお教えします。
 
その方法とは「ブラシまたは手を使って、髪をひっぱりながら乾かし、冷ます」ことです。
 


▼【 Before 】

 
 
▼【 手またはブラシを使い、髪をひっぱりながらドライヤーの熱を当てた後、冷まします。 】
 


 
▼【 After 】

 

・ひっぱりながらドライヤーの熱を当てるキューティクルが整い、くせが伸びる
・冷ます(または冷風を当てる)髪に含まれるタンパク質が固まり、くせが伸びたまま形が固定される
 
 

4 スタイリング剤
 
くせ毛さんのスタイリング剤は「シアバターやクリームなど油分のある保湿系アイテム」がおすすめです。



更に「毛先→中間→表面の順につける」ことでくせ戻りしにくいヘアスタイルを一日キープすることができます♪
 
 

▼【 1.まず始めに毛先にスタイリング剤をつけ、パサつきを押さえまとまりをつくります。 】
※あらかじめスタイリング剤を良く伸ばしておくことで、過剰なベタつきやつけムラを防ぎます。



▼【 2.髪の中に手を入れ、内側のくせをしっかり押さえます。 】



▼【 3.最後少ない量で十分なので、表面を軽くなでつけます。 】




5 ストレート
 
朝のスタイリングにかける時間が無い!という多忙な女性の方達におすすめなのが「ストレートパーマや縮毛矯正、ストカール」です。
 
 ストレートパーマ/縮毛矯正 =くせや広がりをおさえる方法。くせの程度に合わせてストレートアイロンを入れるか、入れないかを判断します。最近では薬剤の自然な丸みのあるストレートが可能です。

ストカール=くせや広がりをおさえるながら毛先にパーマをかける方法。ワンカールから自然なS字のカールまで、ストレートをかけながら動きのあるヘアスタイルを楽しむことができます♪(※カールデザインに関しては毛質の状態に合わせて要相談。)








 
6 NG編 ダメージ
 
元々乾燥しているくせ毛さんにダメージが加わると、乾燥が増し、ますます収まりがきかなくなってしまいます。
 
ここでは髪へのダメージの原因と対策をご紹介します。
 
ダメージ度合いの大きいもの

・アイロン
(熱によるダメージ)
対策⇒ダメージの出ないアイロンを使う。または毎日のアイロンのダメージを考慮してストレートパーマにシフトする。
 
8レベル以上の明るいトーンのカラー
(明るくするためにメラニン色素を破壊する必要があるため)
対策⇒サロントリートメントなどで髪の内部を補修。またはオールカラーでは無く、ハイライトカラーで明るくすることで髪全体への負担を軽減する。
 

ダメージ度合いの平均的なもの

・紫外線
対策⇒UVスプレーや帽子を使う。

・お風呂上りに髪が濡れたまま寝ること
(濡れたまま=キューティクルが開いた状態のまま寝ることで、キューティクルが擦れてしまうことがダメージの原因です)
対策⇒髪全体が乾き切ってから寝る。
 

 
いかがでしたでしょうか。
 
高温多湿の日本に生まれてしまった以上、湿気とヘアスタイルの維持は切っても切り離せない宿命です……(笑)
 
くせ毛の皆さんがまとまりのあるヘアスタイルで一日過ごせますように。是非ご紹介したやり方をトライしてみてください♪


 

CHINATSU
表参道のヘアサロン「MAGNOLiA」ヘアデザイナー。ひとりひとりのお顔立ちに合わせた 【骨格パーマヘア】が得意です♪
「面長・丸顔・エラ張りをカバーしたい方」 「印象を優しく見せたい方」 是非お任せください。
趣味は海外ひとり旅!English available.

< 男性の髪型をパーマを軸に考える~セクシーなミディアム編~  |  一覧へ戻る  |  パーマでショートのレディーススタイルにニュアンスの質感をプラスして、よりお洒落に!! >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English