HOME > CareBlog > 頭皮環境は洗い方で変わる

CareBlog

< ペタンコ髪は、乾かし方でフンワリできる!  |  一覧へ戻る  |  女性の髪のボリュームアップは「実はパーマで解決できた!」 >

頭皮環境は洗い方で変わる



「頭皮がかゆい」

「夕方になると頭皮が臭う」

「抜け毛が多くなった気がする」

「フケが出る」

 

など、お客様からは

頭皮の悩みが多く聞こえます。

ほとんどの方が

自分に合ったシャンプーを知りたい

仰いますが、

実はシャンプー剤の前段階である、

予洗いの方が重要となります。

みなさん自分の予洗いを意識したことありますか?

自分が思ってる以上に

この予洗いが大切なポイントとなります。

 

 

1日の頭皮の汚れは予洗いを

しっかりするだけで8割は落ちると言われています。

あくまでシャンプー剤は補助剤として使ってもらい、汚れはお湯で確実に流すことが大切なのです。

 

それを知らない方の予洗いの時間は

人それぞれですが、話を聞いていると

15

長くても30ぐらいの方がほとんどです。

全体の頭皮さえ濡れれば終わりという感覚も分かりますが

実は2分半~3分は予洗いをしたほうがいいのです。

 

お湯の力でその日ついた

ホコリや皮脂は十分にきます

「なぜ、これがいいの?」と思いますよね。

実は頭皮に無駄な汚れがなくなると、

シャンプーの泡立ち格段に良くなります。

髪の長さにもよりますが普段2プッシュ使っている方はプッシュでも泡立つようになったり

短い方だと1プッシュだった人は

0.5プッシュでも泡立良くなります。
適量で
泡立ちがよくなるということは、

 

頭皮への負担が減る→かゆみや炎症の減少

頭皮の汚れが取れやすくなる→フケやべたつきの解消

●毛穴詰まりを解消できる→抜け毛や臭いの減少

 

など、悩みのほとんどが解消されることもあります。
逆に言うと、泡立ちが悪いとゴシゴシこすって頭皮や髪を傷つけたり
また、シャンプー剤を多く塗布してぬめりや残留物が頭皮に溜まり、抜け毛がドドッと増えたりします。

 

 

 

ちなみに、お風呂を入る際の

温度ですが

人肌よりもすこし高めの38度~40度が

頭皮の汚れかせる最適な温度となります。

 

これ以上温度が熱くなると頭皮に悪影響になる事もあるのでお気をつけください。

 

頭皮の環境が悪化する原因はまだまだ

多くあり、自分では気づかないポイントとして、

「シャンプーを流しきれていない」という事が挙げられます。

 

これもまた多くの方がやりがちな事です。

特にえりあしの部分はしっかり流せていますか?

えりあしが痒くなること多くないですか?

すすぎの際のシャワーは、前からだけ浴びると

りあしを流したと思っていても頭頂部から流れた泡などはまた襟足に溜まってしまいます

 

流す際はシャワーに背を向け髪の毛をめくって

しっかり襟足の内側まで洗うようにし、

ぬめり感しっかり取れるまで流してあげることがポイントです。



 

 

ここまでしっかりやった上で

始めてシャンプー剤の効果が発揮されます。

ここからはシャンプー剤のオススメを

紹介していきます。

今回は大きく分けて

・頭皮

・毛髪

2つで分けて

紹介していきたいと思います。

 

まず頭皮でお悩みの方は

 

EraL (イーラル)




 

 

このメーカーに関しては

頭皮ヘアケアだけを取り扱っているメーカーとなります。
そのため、

その分野においては特化しています。

サロン専売品という事で

美容室でしか販売はされていません

乾燥肌用、混合肌用、ゆらぎ肌用

と大きく分けて3つあり

なかなか自分の頭皮はどうなのか

と理解できている方は少ないため、

頭皮専門のケアリストがいるお店で

聞くことを一番にオススメします。

 

 

次は毛髪でお悩みの方

髪の毛のダメージ気になりますよね。

そういう悩みの多い方には

 

Aujua(オージュア)





 

 

がオススメです。

従来のシャンプー剤の選びだと

何を使えばいいかわからない

使ってみないとどういう効果が出るのか

わからない。

となりますが

Aujuaのシャンプーに関しては

幅広い悩みに対応出来るように

シャンプーの種類が多くなっているのです。

例えば

・毛先をまとめたいクエンチ

・毛先までしっとりまとめたいクエンチモイスト

・指通りを良くしたいスムース

・乾燥してうねるのをおさえたいアクアビィア

・ハリコシが欲しいインナーバウンス

・熱処理やパーマで硬くなった髪を柔らかくしたいフィルメロー

 

というように

自分の悩みに対してどうしたいかが明確なので、シャンプーびが簡単です。

ただ、悩みは1つでは無いと思うので

専任のケアリストがしっかりいるお店で

聞くことをオススメします。
ちなみにケアリストとは

メーカー別シャンプーの専門知識があるスタッフのことです。
商品を取り扱うサロンなら

ケアリストが在籍しているので、一度訪ねてみましょう。

 

 

 

ここからは余談ですが

皆さんは

 

帰宅したらすぐお風呂に入りますか?

眠る直前に入りますか?

 

湯船には浸かりますか?

浸かる場合

その時間はどのぐらいですか?

 

 

 

実は、

お風呂に入るタイミングや

入り方は睡眠に深く結びついていて

眠る時は体温が少しずつ下がっていくのですが

眠る直前の体温と眠っている時の温度差があればあるほど

熟睡が出来ると言われているのです。

 

なので理想は

一日の終わりにお風呂に入り

お風呂上がりに髪の毛を乾かしたり

スキンケアをして

30分以内に眠るのが理想とされています。

30分以降は徐々に体温が戻っていくので

温度差が減ってしまうのです。

 

ただ、体温を上げる為には

湯船にもしっかり浸るのが必要で

しっかり体の芯まで温める必要があります。

その目安が20分前後と言われていて

それ以上入ると体に負担がかかり

だるさを感じてしまうので気をつけるようにしましょう。

温度は40度前後が理想です。

ただ、湯船に浸かる際に気をつけなければいけないことが1つ。

湯船に浸かるとたまにウトウトと眠気が来ると思います。

でも実はそれは眠気ではなく

湯船に浸かる事で体が温まり血管が広がり

血液の流れが良くなり血液濃度が薄くなって貧血気味になっているだけなのです。

浸かり過ぎには注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

余談は入ってしまいましたが

シャンプー前後の洗い方を意識すれば頭皮環境の改善はかなりされます。

シャンプー剤に関しても

市販のものだと洗浄力が強くなって髪への負担が多くなりがちですから、髪や頭皮になんらかのお悩みがある方はサロン専売品をオススメします。

 

お悩みのはケアリストまで

ご相談ください。

 

 
 



< ペタンコ髪は、乾かし方でフンワリできる!  |  一覧へ戻る  |  女性の髪のボリュームアップは「実はパーマで解決できた!」 >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English