HOME > CareBlog > ペタンコ髪は、乾かし方でフンワリできる!

CareBlog

< HPをリニューアルしました。  |  一覧へ戻る  |  頭皮環境は洗い方で変わる >

ペタンコ髪は、乾かし方でフンワリできる!

年齢を重ねるにつれ、髪のボリュームが減った気がする…

毛が細くなってきて、変なうねりが…

艶が出ずパサパサしてまとまらない…

そんな悩みは多いですね。
「ボリュームは欲しいけどパーマかけないとダメ?」
「スタイリング剤を上手につけないと、逆に重くなってしまう?」
なんて、ちょっと面倒くさそうで悩みに関して、あきらめモードになっていませんか?
実は、シャンプー後の乾かし方次第で、エイジングによるぺたんこ髪も簡単にふんわりボリュームアップが可能です!しかも自分でできちゃうんです!

そのコツはプロの乾かし方にあり。美容室にいくとドライの仕方で髪がふんわりしますね。この方法を真似すればいいのです。
「私はプロじゃないから、できない」
「プロの人は時間をかけてブローするけど、そんな時間ないし…」

そんな声、聞こえてきます。でも大丈夫。
自宅でできるふんわりドライ法を、簡単に行う方法を今からお教え致します!


一番肝心な部分、それは【根元】です。
とにかく根元が自然な放射状に流れ、ふわっとしていれば必然的に毛先は内に収まります。根元→中間→毛先の順に乾かして行きましょう。

まずはシャンプーをするように、頭皮を指で擦るようにして根元を乾かします。根元を擦ると毛が左右上下に動くので、自然と癖が取れて立ち上がってきます。ドライヤーは頭皮に直角に当てることがポイント。頭皮を乾かすイメージで。(夜も頭皮や髪が濡れているも雑菌が増える原因になります。においや痒みを感じる方は特に要注意です!)

毛先は根元よりダメージを受けているのでパサパサになりやすいのです。まずは根元をしっかり乾かし、その後毛先を乾かすと過乾燥(オーバードライ)を防ぐことができるので艶が残ります。

乾かす時の髪の毛の向きは、頭頂部から放射状です。自然に髪が落ちる向きに逆らわないことが大切です。自然な方向にふんわり根元を立ち上げて乾かした後、最後に分け目をつけてあげるとボリュームが出るのです!最初に分け目を作って乾かし始めていませんか??クッキリ分かれていいような気もしますが、実は頭頂部のボリュームダウンになる原因です。

うねりや、くせの広がりによる過度なボリュームを抑えたい方も、トップの高さがなければ、よりハチが強調され頭が大きく見えるので要注意!

前髪の割れが気になったり、ボリュームが出ずペタンとしてしまう場合も同様です。


ドライヤー時、前髪を流したい方向と逆向きに少し引っ張りながらドライヤーを当てます。例えば左に流したい場合には、一度右方向に根元を乾かした後、最終的に左に流すことで自然な弧を描いて流れてくれます。引っ張りながら熱を当てることで、艶も出てきます。

前髪が短い方、前髪に変な癖がつきやすい方は、まず一番最初に前髪を乾かすことをおすすめします。既にくせがついたまま乾いてしまった髪を直すことはとても難しいのです……!

まずは癖を取って、根元の方向を作り、艶を出す。この作業を意識して行なうとかなり改善されます!難しく聞こえるかもしれませんが、乾かす順番を意識するだけでできる、簡単セルフメソッドです。


長々と書かせて頂きましたが、今までと変わるところは、どこから乾かすか・どういう意識で乾かすか、これくらいです。ここを変えていくことで、見栄えはぐっと変わります!ワックスなどはあくまで補助なので、ドライでちゃんと仕上がっていればスタイルキープも長くなります。

これで美容室の仕上がりに一歩前進!

乾かす作業が上手くなると、必然的にどこにスタイリング剤をつけたら良いのかが見えてきます。更には現状のカットでセットし辛いところ、パーマをかけたほうが良いところにも気付けるかもしれません。

1つずつやり方を見直して、自分に合ったスタイリングを見つけていきましょう。

< HPをリニューアルしました。  |  一覧へ戻る  |  頭皮環境は洗い方で変わる >

このページのトップへ

ご予約


About us
Perm
Gallery一覧

menu
Staff
Men's

Award / Media
Recruit
English